喉頭がんをやっつける治療方法とは【ラスボスを摘出】

完治する可能性

工夫することで得られるメリット

女性にもっとも多いと言われる乳がんは体のどの部分にでもできる可能性がありますが、初期には自覚症状を感じない場合も多くあります。 乳がんは乳房やその周辺にしこりが出来ることが多いですが、痛みが伴わないこともよくあります。そのため、定期的にしこりがないか手で触ってチェックすることで早期発見につながります。 乳がんは進行すると乳房を摘出しなければならないこともありますが、早期発見することで乳房を残すことができる確率が高まりますし、治る可能性も高くなります。そのため、日頃からセルフチェックをする習慣をつけることが大事です。そうすれば早期発見に繋がり、辛い治療を避けることも出来るでしょう。

現在の取り組みやトレンド

現在では、各自治体などで無料や低額で乳がん検診ができるようになっています。 乳がん検診は、主にマンモグラフィーという機械を使って乳房を挟んで、がんがないか検査をするのが主流です。 しかし、自治体などで行われる乳がん検診は40歳以上などと対象者を制限している場合が多くなっています。これは、乳がん検診が20代や30代などの若い世代に対して有効性が証明されていないためと言われています。特に20代などの若い女性の場合は乳腺の密度が高く、がんと同じように画像に写ってしまうこともあるため、がんが見つけにくいという特徴もあります。 ただし、がんには遺伝性のものもあるため、血縁者に乳がん発症者がいる場合などには若くても乳がん検診を受けることが推奨されています。