喉頭がんをやっつける治療方法とは【ラスボスを摘出】

早期発見

十二指腸がんの症状等について

十二指腸がんとは、十二指腸に発生する悪性腫瘍の事を言います。十二指腸とは胃と小腸を繋ぐ消化管で、胃からの食物を小腸に運ぶという役割を担っています。上部、下行部、下部、上行部という4つの部分で成り立っています。 十二指腸の代表的な症状としては、腹痛や吐き気、嘔吐や体重減少等があります。ただし、これらの症状は進行してから出てくるものです。初期の段階では症状が出る事が少なく、早期発見が難しいと言えます。 十二指腸がんは昔から発症率が低いがんとして知られています。そのため、現在でも原因等に関しては不明な点が多いです。ただ現段階では、十二指腸がんの大半が良性腫瘍が変化して発生する事、遺伝性の疾患である可能性が高い事等が判明してきています。

具体的な治療方法について

十二指腸がんの治療方法としては、手術という方法を用いるのが一般的です。特に早期の段階であれば、患部を切除する事によって治癒する確率が高くなります。 本当に初期のがんならば内視鏡による手術が行なわれます。内視鏡による手術とは腹部に1cm程度の穴を開けて、そこから内視鏡と専用の手術道具を挿入して行なわれる手術の事です。患者の体への負担が少なくて済むという特徴があります。 症状が進行していて内視鏡手術が不可能な場合には、開腹手術が行なわれます。患者への負担は多少大きくなりますが、細かな部分まで目で確認しながら切除を行なう事が出来ます。 ただ、だいぶ進行している場合には手術が難しくなります。そういった時には化学療法等が行なわれます。化学療法とは抗がん剤治療とも呼ばれている方法で、専用の薬を投与する事でがん細胞の増殖を抑制します。